「離婚」に騙されないために

浮気調査の費用節約というと、ある程度自分で前もって調査しておきたいものです。調査とはいっても簡単にできることなのです。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで調査費用の節約につながるのです。毎日、出勤していった時間や、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに確かめるようにします。仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊したおそれがあります。

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉める元なので、できるだけ避けましょう。あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。さらに、不倫相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。服の中でも、きれいな下着を着用しだしたら、浮気の可能性があります。

法律の中では、婚姻関係にある人が婚姻関係にない人と自分から性的関係になることを不倫と定義しています。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

アルバイトとして探偵をしている人がいる事例がございます。探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もいっぱいあるということです。浮気調査をさせようとするときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。
ハッピーメール